スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

名画モナリザにワケありとは・・・・!?

名画モナリザにワケありとは・・・・!?
約500年前にレオナルド・ダビンチが名画モナリザを描いた当時、
モナリザの絵にはまゆ毛があり、背景の空の色はもっと青かったそうである。
これは、高解像度カメラによる解析でフランス人技術者が証拠を
見つけたと発表し、話題を呼んでいるそうである。
楽天ランキング49週連続1位!

高解像度カメラは、2億4000万画素の特殊な多重分光カメラである。
このカメラをフランス人技術者が自ら製作した。
これを駆使してパリのルーブル美術館所蔵のモナリザを詳細に撮影したそうである。
肉眼ではとらえられないモナリザの絵の細部の形状や、
塗られているニスを落とした場合の色彩を3年がかりで調べたそうである。
その結果、ダビンチがモナリザの左目の上にまゆ毛を描いたとみられる跡や、
背景の空の色を出すためラピスラズリ(群青)の顔料を使った形跡を突き止めたそう
である。 
なんともすごい執念である。対象がモナリザだけに話題になったのでしょう。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071124-00000025-jij-int



TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法!

スポンサーサイト

2007.11.24 | | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

bwiz8035

Author:bwiz8035

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

  • ブログSEO対策:track word
    • seo

ブログ内検索


My Yahoo!に追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。